ホーム > 2病メルマガ:バックナンバー

2病メルマガ:バックナンバー

 =2病メルマガ(北大第二病理メールマガジン)は月1回発行です=
メルマガ登録希望の方はお問合せアドレス(秘書宛)へご連絡ください
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
○ニュースアーカイブはこちらから

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  ◆◇  北大第二病理メールマガジン 2018年4月  ◇◆ vol.37
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
田中@北大腫瘍病理(第2病理)です。
すでに新年度に入っていますが皆様いかがお過ごしですか。北大医学部では、
100期生の入学式がありました。

教室にも新メンバーが加わりました。博士課程には小田義崇先生が研修2年を
修了して入学しました、また修士課程には岸田佳倫さん、戎(えびす)優樹君の
2名が保健学科から加わりました。技術員としては、藤井恭子さんが北大病院
から加わり、毛利さんも復活しました。教授秘書として、畠中智子さんが新たに
採用となっています。また、博士課程を修了した鈴鹿淳先生が特任研究助教に、
谷川聖先生が学術研究員となっています。

4月から3年生の病理学の講義もはじまりました。同門の先生方にも講義に来て
いただきますが宜しくお願いします。おはようロビンスも65期の先輩から始まって
いますが春からは3年生(98期)の学生さんが多数参加しており活気付いています。

また、これまで毎年新人向けに、病理と研究の基本的事項についての集中ミニ
セミナー(BootCamp)を行ってきましたが、今年からは、北海道大学病理専門研修
プログラムの一環として教室の連携施設全てにBootCamp2018のご案内を差し上げ
ましたところ、神戸大学の専攻医の先生も興味をもって参加されており、大学と病院
の連携も深まりなによりです。

今年度も、研究・教育・病理と3つの柱がダイナミックに連動して成果を挙げて行く
「ダイナミック・パソロジー」を目指します。同門の皆様にはご支援をお願いします。
また若手の皆さんは一緒に頑張りましょう。 



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… ↓ 過去のメールマガジン(2015年4月~) ↓ ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
▼ クリックで展開