ホーム > 大学院について > 教室スケジュール

教室スケジュール

腫瘍病理学分野では、研究・教育・病理活動が円滑に進むようスケジュールが組まれています。

週間予定

AM 8:50
全体ミーティング
9:30
Autopsy Review (ミクロ、マクロ)

8:00−8:40
おはようロビンス(勉強会)





11:00脳腫瘍レビュー
PM 12:15
今週の一例
13:00
スタッフミーティング
14:00
研究カンファレンス(Journal Club, Research Talk)
12:00
外科材料切り出し

個別リサーチミーティング1


17:00グループミーティング



個別リサーチミーティング2




18:00
学内CPC(月1~3回)
12:00
外科材料切り出し


15:30
技師ミーティング



19:00
中皮腫カンファレンス
12:00
外科材料切り出し

※月〜金:検体受付、標本製作、病理診断、報告発送業務。
※関連病院からの病理解剖(剖検)依頼には随時対応。
※外部CPC(臨床病理カンファレンス)は不定期開催(月1~3回)。

全体ミーティング
  • 全体ミーティング:教室員全員参加で、その週のスケジュール等を確認する場。大学院生は全体の予定を把握する事で個人の研究の予定を立てやすくなります。
Autopsy Review
  • Autopsy Review
    マクロレビュー:前の週に行われた剖検臓器について臨床経過とともに提示し議論する。
    ミクロレビュー:剖検報告書をもとにマクロおよびミクロ所見を提示し議論する。
    剖検症例は複数の専門医の目で検討され、報告書が完成します。大学院生や研修医、医師も参加し、勉強します。
今週の一例
  • 今週の一例:前の週の診断内容から、教育的症例、貴重症例、問題症例を提示し、病理診断に関わるドクター全員で検討する場。学生参加OK。Lunch on。
  • スタッフミーティング:教員による研究室運営会議。
分野カンファレンス
  • 研究カンファレンス
    Journal Club:毎週1名ずつ持ち回りで、Nature、Science,、Cellおよびその姉妹雑誌に掲載の論文を30分で紹介する。
    Research Talk:毎週2名1組の持ち回りで、研究の進行状況を報告する。
    大学院生もはじめはとまどいますが、1,2年しっかり勉強するとNatureの論文がおもしろくなってきます。
  • 個別リサーチミーティング:教授と学生が1-3名で個別に実験内容や研究の進行状況について直接話し合う場が設けられています。
外科材料切り出し
  • 外科材料切り出し:外科手術で切除された検体について病理学的に検討して、切り出しを行い標本を作成します。大学院生が担当し、担当医がアドバイスします。医学部学生さんも参加しています。
個別リサーチミーティング
  • グループミーティング:指導教員と大学院生が実験や研究内容について詳しく話し合う場。医学科の学生さんも研究に興味のある人は参加しています。
  • おはようロビンス:長嶋名誉教授が1986年にはじめた歴史をもつ勉強会。朝食をとりながら、ロビンス著の“Pathologic Basis of Disease”を精読します。医師から他学部の学生まで幅広く参加しています。
脳腫瘍レビュー
  • 脳腫瘍レビュー:脳外科医も交え、その月に診断した脳腫瘍症例を標本を確認しながら病理診断について議論する場。
  • 中皮腫カンファレンス:病理医、外科医、技師などによる勉強会。

その他の行事

教室旅行(年2回:夏、冬)

2008年ニセコ山頂

▲2008年ニセコ山頂

2009年ニセコ

▲2009年ニセコ

2010年砂川まあぷキャンプ場

▲2010年砂川まあぷキャンプ場

2011年青山キャンプ場

▲2011年青山キャンプ場

2012年三石キャンプ場

▲2012年三石キャンプ場

2013年苫小牧アルテンキャンプ場

▲2013年苫小牧アルテンキャンプ場

2014年

▲2014年

2015年

▲2015年

クリスマス会(年1回)

2009年クリスマス会

▲2009年クリスマス会

2009年クリスマス会

▲2009年クリスマス会

2010年クリスマス会

▲2010年クリスマス会

2012年クリスマス会

▲2012年クリスマス会

2013年クリスマス会

▲2013年クリスマス会

2014年クリスマス会

▲2014年クリスマス会